宿泊するホテルの様子は予約前に映像(VR)でチェック

旅行につきものなのが、宿泊だ。日帰りでない限り必要である。

いざ旅行が始まり、ホテルにチェックインしたとき、広さや綺麗さが思っていたものと違って残念に思った経験はないだろうか。予想以上に狭かったり老朽化していた、という声をたまに聞く。ホテルといえば、旅の疲れを癒す場所でもあるため、快適であって欲しいものだ。

そんな問題を解決するためにVRが用いられている。簡単に説明すれば、VRとは、ゴーグル等をかけて、目の前に360度の映像を映し出して、自分があたかも映像内の空間に入り込んでしまったような感覚を得ることができる技術である。次の画像内に写っているのがゴーグルの一例である。

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000019146.html

このVRを提供する企業の1つがナーブ株式会社 ( NURVE,Inc. )である。同社の発表によると、同社のVR端末を導入した大手旅行代理店の累計数は、5,399件(2018年9月30日時点)とのこと。非常に普及率が高いことが分かる。元々は不動産の内覧に用いられていたツールとのことだ。

顧客がVRで体感している映像は営業担当者のPCにも共有されるので、営業担当者は画面を見ながらきめ細かな接客を行うことができる。営業担当者側で映像のコントロールも可能とのことだ。

このようなツールを使うことによって、旅行の満足度は飛躍的に高まると考えられる。旅行でがっかりしないよう、最新の技術を使いこなしたいものである。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 留学と旅行を融合させた教育旅行プログラム

  2. 通訳案内士向けの保険が登場

  3. ムスリムへの「おもてなし」サービスが登場

  4. ふるさと納税の体験型返礼品に特化したサイトが登場

  5. ヘルスツーリズムで健康を増進

  6. 旅行代金はクレジットカードで支払うのがオススメ

  7. [キャンセル問題][集客]宿泊施設の悩みを解決

  8. ©Gulfstream Aerospace Corporation

    JALと丸紅がチャーターフライトのサービスを開始

  9. ドアの施錠解錠を行えるサービスKEYVOX

  10. モバイル型ロボットで教育旅行

  11. キャッシュレス決済が可能な施設をマップ化

  12. 多言語チャットボットで宿泊プランを販売

  13. [業務効率化]窓口業務向けのコンパクトスキャナー

  14. [戸建型]家族・グループ旅行者をターゲットに

  15. 民泊専門の清掃代行サービス「クリーンビー」がAirbnb Partnersに参画

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。