空港運営会社がツアーを企画・販売

南紀白浜空港(和歌山県白浜町)を運営する南紀白浜エアポートが、第2種旅行業の認可を得た。第2種旅行業とは、国内の旅行商品(ツアー等)を企画、主催等できる資格である。代理店としての名称は「紀伊トラベル」。

南紀白浜エアポートは、地元の業者と連携して、観光客らの要望に応じた企画を国の内外を問わず提供する。「地域の魅力を商品として海外を含む出発地側に届け、人を呼び込みたい」と話した。

空港は観光客の玄関口でもある。そのため、空港に降り立った観光客の中には、まず観光案内所を訪れる人もいる。空港が第2種旅行業の資格を有していれば、空港からの観光地への移動手段の手配や、観光地での宿泊の手配や、航空券の手配を行うことができる。そうなれば観光客にとって有益であろう。なお南紀白浜空港の周りには次のような観光地がある。

●アドベンチャーワールド(動物園)

●千畳敷(階段状の特殊地形)

南紀白浜エアポートによれば、上記のような地元での旅行の手配だけでなく、地元民が白浜空港から出発する旅行商品も提供する予定のようだ。

南紀白浜空港の搭乗者数は平成23年度以降増加しており、平成30年度には約16万人に達した。このように利用者が増加している一方、那智の滝、熊野那智大社、高野山金剛峰寺といった著名な観光地までは車で2時間ほどかかる。このため観光客をスムーズに観光地に案内するニーズが高まっていると考えられる。ニーズをうまく取り込んで、地方の活性化を図ってもらいたい。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [日本旅行業協会]政府に支援を要望

  2. 留学と旅行を融合させた教育旅行プログラム

  3. [松本大学]地域に貢献できる人材を育成

  4. [観光促進]日本旅行が割引キャンペーンを開始

  5. 冬の志賀高原でインターンシップを開催

  6. 20歳・200名に初の海外体験を無料で提供

  7. 日韓関係の悪化で、長崎県が国に支援を要請

  8. 山形県沖地震の被災地へ、観光復興支援

  9. [雪不足]やまがた割で対策

  10. 星空が地域を活性化

  11. 1万円分の国内宿泊引換証等があたるキャンペーン実施中

  12. [愛媛県]熱烈歓迎へ向けて中国を学ぶ

  13. ツーリズムEXPOジャパン2019が大阪で開催

  14. [2020年6月]旅行需要が持ち直し傾向

  15. [観光庁]中核人材育成講座を大学で開講

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。