モバイル型ロボットで教育旅行

JTBとシャープは、シャープ製のモバイル型ロボット「RoBoHoN(以下、ロボホン)」を活用した教育旅行プログラム「ロボ旅@教育旅行」(ロボタビ アット キョウイクリョコウ)を、2019年11月5日から販売する。

「ロボ旅@教育旅行」は、修学旅行に参加する学生にロボホンを貸し出して、観光名所の文化や歴史を学んでもらうサービス。具体的には、学生は、旅行前に、ロボットが動く仕組みやAIを学ぶと共に、ロボホンに発話させる内容を考える。そして旅行中には、位置情報に応じた発話を聞いて学習する。旅行後にはロボホンが現地で撮像した画像や行動ログデータを用いて、成果発表を行う。

なお、教職員用のタブレット端末から生徒が持つ「ロボホン」の位置情報を随時把握できるほか、生徒へのメッセージを「ロボホン」に発話させることが可能ということだ。

ロボットを学校教育で用いる動きは、文部科学省が2020年度から実施する新学習指導要領に備えたもの。今後の教育では、ICT(情報通信技術)を活用した学習活動が増える。例えば小学校では、プログラミング教育が必修化される。

以上のようなサービスにより、学生は、事前に自身が調べた内容と、目で見た光景とをリンクさせることができる。これにより、深い理解が可能であろう。また、現地についての理解が深まれば、数年後にまた訪問したいというモチベーションにもなるだろう。このため、以上のようなサービスは、旅行業界にとっても意義のある活動であろう。

トップ画像の出典: https://resemom.jp/article/2019/11/06/53227.html

  • コメント: 0

関連記事

  1. 宿泊するホテルの様子は予約前に映像(VR)でチェック

  2. 旅館の後継者、首都圏から呼び込む

  3. 旅行代金はクレジットカードで支払うのがオススメ

  4. ムスリムへの「おもてなし」サービスが登場

  5. 宿泊業に必須となるホスピタリティサービス工学とは

  6. [観光庁]宿泊業はどのように生産性向上を行えばいいのか

  7. 多言語チャットボットで宿泊プランを販売

  8. [業務効率化]窓口業務向けのコンパクトスキャナー

  9. 在留資格に旅行業を追加する提言

  10. 民泊専門の清掃代行サービス「クリーンビー」がAirbnb Partnersに参画

  11. キャッシュレス決済が可能な施設をマップ化

  12. ドアの施錠解錠を行えるサービスKEYVOX

  13. 羽田空港の新ルートで何が変わるのか

  14. 旅行プランの相談料を有料化する流れ

  15. [戸建型]家族・グループ旅行者をターゲットに

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。