キャッシュレス決済が可能な施設をマップ化

山口県の宇部商工会議所は、宇部市内でキャッシュレス決済に対応している施設を検索できる次のサイトを開設した。
キャッシュレス決済ウベマップ

施設の業種としては、小売業、飲食業、理美容業、宿泊業、その他の業種から選択できる。

決済方法も細かく指定でき、例えばクレジットカードならVISA、マスターカード等から選択できる。電子マネーならKitaca、Suica等から選択できる。QRコードならPayPay、d払い等から選択できる。

サイトの言語は日本語、英語、中国語、韓国語から選択可能だ。

キャッシュレス決済(特にクレジットカード決済)は、特に欧米からの訪日外国人にとっては便利な手段だ。言い換えれば、欧米からの訪日外国人が日本を観光するにあたって問題視するのが、キャッシュレス決済が利用できる施設が少ないことである。このようなマップを作成することで、宇部市内での訪日外国人の旅行体験は改善するだろう。

キャッシュレス決済が可能な施設のマップは非常に便利なツールである。宇部市だけでなくその周辺の市町村でも同じようなマップを作れば、訪日外国人がその地域を回遊することになる。地域経済は活性化するだろう。周辺の市町村との連携も必要になってくるだろう。 その動きをこれからも注視したい。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ヘルスツーリズムで健康を増進

  2. 「着るロボット」で観光地を巡る

  3. 多言語チャットボットで宿泊プランを販売

  4. [Google]観光業向けの無料トレーニング講座

  5. ムスリムへの「おもてなし」サービスが登場

  6. 通訳案内士向けの保険が登場

  7. [戸建型]家族・グループ旅行者をターゲットに

  8. ©Gulfstream Aerospace Corporation

    JALと丸紅がチャーターフライトのサービスを開始

  9. ドアの施錠解錠を行えるサービスKEYVOX

  10. 民泊専門の清掃代行サービス「クリーンビー」がAirbnb Partnersに参画

  11. ふるさと納税の体験型返礼品に特化したサイトが登場

  12. 旅行代金はクレジットカードで支払うのがオススメ

  13. 留学と旅行を融合させた教育旅行プログラム

  14. [業務効率化]窓口業務向けのコンパクトスキャナー

  15. モバイル型ロボットで教育旅行

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。