旅行会社の未来

旅行予約システム大手のアマデウスは、「旅行会社の未来」と題したレポートを公表した(リンクはこちら)。

そのレポートによれば、注目すべき業界傾向トップ5は次の通り。

1.パーソナライゼーション
今や消費者は、自身に合った旅行体験を求めている。そのため、顧客データや予測アナリティクスを活用する必要がある。

2.モバイル&ペイメント
若い世代はモバイルサービスを利用して旅行する。今後、インスタントメッセンジャー形式のインターフェースは人気となるだろう。

3.豊富な旅行コンテンツ
5G及び6Gといった高速スピードネットワークの導入に伴い、旅行コンテンツは増加し、コンテンツ管理が重要になる。更に、他のコンテンツとの差別化のためには、非旅行関連コンテンツ(例えばコンサートのチケット)との統合や、無料Wi-Fiなどの付加価値サービスが必要であろう。

4.音声会話
フライト検索やホテル予約などにおける旅行者と旅行会社とのやりとりは新しくなるであろう。例えば旅行者は、音声認識やデジタルアシスタントと音声会話をすることになるだろう。

5.モノのインターネット
モノのインターネット(IoT / Internet of Things)が旅行プロセスのあらゆる段階において顧客と旅行会社をつなぐだろう。

以上紹介した5つの傾向は、すでに日本で発生しているし、今後進んでいくだろう。若い旅行者にとってはモバイルを利用することが当然の文化であるため、旅行会社はそれに合わせて改革を進める必要がある。特に、大きな店舗を設けて多くのスタッフをそこに配置するという従来のやり方では、若い世代に相手にされないだけでなく、多額の経費がかかるだろう。

旅行会社がどのように変わっていくか、その変化を注視していきたい。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2020年10月]国内旅行の取扱額が大幅に回復

  2. [2020年10月]訪日外国人数が27,000人超え

  3. 旅行プランの相談料を有料化する流れ

  4. [2020年7月]旅行取扱額が87.4%減少

  5. [2021年6月]訪日外国人数が3倍超

  6. [2021年5月]国内旅行の取扱額が大幅増加

  7. [2021年2月]国内旅行の取扱額が微増

  8. [2021年8月]訪日外国人数が約3倍

  9. [2021年6月]訪日外国人旅行の取扱額が大幅増加

  10. 宿泊業に必須となるホスピタリティサービス工学とは

  11. [2020年9月]国内旅行の取扱額が回復傾向

  12. 日本人は余暇をどう過ごしているのか

  13. 訪日外国人数4000万人の目標は達成できるのか

  14. [JTB]旅行プラン相談料金の収受を終了

  15. [2020年6月]訪日外国人数が3ヶ月連続で99.9%減少

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. [2021年11月]訪日外国人数が半減以下

    2022.01.19

  2. [令和3年11月]訪日外国人旅行の取扱額が約3倍に

    2022.01.14

  3. [年頭所感]JATA会長「観光業界の『再生』を目指して」

    2022.01.09

  4. [令和3年10月]訪日外国人旅行の取扱額が約2倍に

    2021.12.23

  5. [日系現役CAに聴いた]オススメの日本国内の旅行先1位~5位

    2021.12.18

  6. [観光庁]外国人旅行者が訪日旅行中に困ったことランキング

    2021.11.19

  7. [現役CAに聴いた]オススメの日本国内の旅行先1位~5位

    2021.11.13

  8. [日本旅行業協会]国内旅行に関する情報をオンラインセミナーで配信

    2021.11.10

  9. [2021年9月]訪日外国人数が3割増

    2021.10.27

  10. [2021年8月]訪日外国人旅行の取扱額が今月も大幅増加

    2021.10.10