[宿泊業]2019年冬のボーナスはどうなったか

12月は冬のボーナスが支給される月である。これを心待ちにしているサラリーマンは多いのではないだろうか。

自身の金額が分かれば、次に気になるのは世間や同僚の金額である。ボーナスの金額は経団連等が統計を発表している。この記事では、より区分が細かい東京都民間労働組合の統計を紹介する。結果は次のようになった。

出典:東京都産業労働局

1位は「教育、学習支援」で約135万円である。少子化が進む一方で、教育熱も高まっており、それがこの業界のボーナス金額を上げたと思われる。

本題に入ると、宿泊業は最下位の18位で、金額は約57万円である。これは全業種平均の約76万円から約20万円も低い。以前の記事でも述べたように、宿泊業では過当競争が生じている(以前の記事はこちら)。これが、ボーナスが低い原因の1つだろう。

この結果、宿泊業では人手不足が慢性化している。生産性向上が急務である。そこで、以前の別の記事でも述べたように、生産性向上のためのノウハウの共有やIT化が進んでいる(以前の記事はこちら)。

現状では宿泊業の従事者にとって満足のいく待遇は得られていないかもしれない。しかし、生産性向上のための試みは進んでいる。これが一層進み、現場の従業員の満足度が向上することを祈る。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2021年7月]訪日外国人数が大幅増加

  2. [2020年6月]旅行需要が持ち直し傾向

  3. [取扱金額]旅行業者ごとの状況(平成30年度)

  4. [2020年9月]国内旅行の取扱額が回復傾向

  5. 民泊の状況はどうなっているのか

  6. [2020年4月]訪日外国人数が99.9%減少

  7. [2020年10月]訪日外国人数が27,000人超え

  8. ホテルが多すぎる?

  9. [2020年12月]日本人の宿泊者数・客室稼働率が共に悪化

  10. [2020年5月]今月も訪日外国人数が99.9%減少

  11. [2020年11月]宿泊者数・客室稼働率が共に回復傾向

  12. [2021年1月]国内旅行の取扱額が再び悪化

  13. [訪日外国人]平成最後の統計を図で振り返る

  14. [2021年6月]訪日外国人数が3倍超

  15. [2021年8月]訪日外国人数が約3倍

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。