コロナウイルスの影響で訪日外国人数が58%減

日本政府観光局は2020年3月19日、2020年2月の訪日外客数を発表した(リンクはこちら)。新型コロナウイルスの影響で中国政府が団体ツアー及び航空券とホテルのパッケージ商品の販売を禁止したのは1月27日。その後、各国で新型コロナウイルスが蔓延し、海外渡航の自粛及び禁止ムードが広がった。2月はその影響が出る月であったため、訪日外客数がどれほど減少したかが注目されていた。

2020年2月の統計概要は次の通りだった。
総数:1,085,100人(前年同月比-58.3%)
 韓国:143,900人(前年同月比-79.9%)
 中国:87,200人(前年同月比-87.9%)
 台湾:220,400人(前年同月比-44.9%)

上記のように、訪日外国人数の総数が前年同月比-58.3%と激減した。韓国と中国からの訪日外国人数の大幅減が響いた。

一方で政府は2020年の訪日外国人数を4000万人以上にするという大きな目標を掲げている。この目標の達成は困難と思われるが、人々の生命と健康を守ることが先決だ。

とはいえ新型コロナウイルスの収束時期は未だ見えていない。見えない敵との戦いはまだ続くだろう。観光業、旅行業等は大きな打撃を受けていることが連日報道されている。被害についての統計が発表され次第、弊社のこのブログでお伝えしたい。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2020年7月]旅行取扱額が87.4%減少

  2. [2020年9月]訪日外国人数が1万人を回復

  3. [2020年11月]宿泊者数・客室稼働率が共に回復傾向

  4. [2019年 年末年始]行きたい旅先ランキング

  5. 2019年のゴールデンウィークが旅行取扱額に与えた影響

  6. [2021年7月]訪日外国人数が大幅増加

  7. 訪日外国人数4000万人の目標は達成できるのか

  8. [取扱金額]旅行業者ごとの状況(平成30年度)

  9. [2021年7月]訪日外国人旅行の取扱額が今月も大幅増加

  10. [2020年1月]訪日外国人数が減少

  11. [2021年5月]国内旅行の取扱額が大幅増加

  12. [2021年2月]国内旅行の取扱額が微増

  13. [2020年6月]旅行取扱額が92.9%減少

  14. [2021年1月]国内旅行の取扱額が再び悪化

  15. [2021年3月]訪日外国人数が12,300人/前年同月比93.6%減

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。