[2020年4月]訪日外国人数が99.9%減少

日本政府観光局は、2020年4月の訪日外国人数を発表した。次の画像に示すとおり、総数は2900人だ。その数は前年同月比で99.9%減少した。

出典:日本政府観光局

2020年4月分からは新たにJNTOの重点市場に追加されたメキシコと中東地域(イスラエル、トルコ、GCC6か国[サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン、オマーン、カタール、クウェート])が推計値の公表に加わった。

2900人という数は、統計を取り始めた1964年以来最小だ。背景には、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴って、世界的に旅行需要が減少していることや入国拒否を行う国が増えていることがある。

新型コロナウイルスの感染は一部の地域では収束しているものの、拡大している地域もある。このため、海外旅行は当面自粛してもらう必要があるだろう。今年は東京オリンピックの延期が決まったことも相まって、航空業界や旅行業界等にとって我慢の年となるだろう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2021年7月]訪日外国人旅行の取扱額が今月も大幅増加

  2. 日本人は余暇をどう過ごしているのか

  3. [2020年3月]訪日外国人数が93%減少

  4. [2021年8月]訪日外国人数が約3倍

  5. ホテルが多すぎる?

  6. [2020年12月]国内旅行の取扱額の回復が鈍化

  7. [2020年12月]訪日外国人数が58,700人に増加/通年では87%減少

  8. [2021年6月]訪日外国人数が3倍超

  9. [2021年5月]国内旅行の取扱額が大幅増加

  10. [2020年6月]旅行取扱額が92.9%減少

  11. [2020年11月]宿泊者数・客室稼働率が共に回復傾向

  12. 2019年のゴールデンウィークが旅行取扱額に与えた影響

  13. [2021年1月]国内旅行の取扱額が再び悪化

  14. [2020年12月]日本人の宿泊者数・客室稼働率が共に悪化

  15. 沖縄とハワイは何が違うのか

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。