[観光庁]延べ宿泊者数76.8%減少。客室稼働率16.6%

観光庁は2020年5月29日に、宿泊旅行統計調査の結果を公表した(リンクはこちら)。結果は次の通り。

1.延べ宿泊者数

出典:観光庁

上記画像に示すとおり、日本人の延べ宿泊者数(緑の線)は、前年同月比で71.1%減少した。また外国人の延べ宿泊者数(赤い線)は、97.4%減少した。日本人と外国人と合わせた全体の延べ宿泊者数(青い線)は、76.8%減少した。

2.客室稼働率

出典:観光庁

上記画像に示すとおり、旅館、リゾートホテル、ビジネスホテル、シティホテル、簡易宿泊所の全てにおいて、前年同月比で稼働率は減少した。全体の稼働率(赤い線)は16.6%であった。特にリゾートホテルの稼働率(紺色の線)はたったの5.9%だった。

上記の通り、特に外国人旅行者が大幅に減少している。背景には、新型コロナウイルスの水際対策として政府が、アメリカ、ブラジル、ロシアなど111の国と地域について、外国人の入国を拒否している。

感染状況が好転している中、政府は、感染状況が落ち着いており且つ日本と経済的なつながりの大きい4カ国(タイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランド)から日本への入国を認める方向で検討している。対象はビジネス関係者のみ。早ければ今月中にも緩和する。実現すれば、感染拡大以降、初めての緩和措置となる。

インバウンドの復活に向けての第一歩となるが、感染爆発が起これば元も子もない。慎重な対応をお願いしたい。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 2019年のゴールデンウィークが旅行取扱額に与えた影響

  2. [2020年1月]訪日外国人数が減少

  3. [2020年12月]国内旅行の取扱額の回復が鈍化

  4. [2021年1月]国内旅行の取扱額が再び悪化

  5. [2021年11月]訪日外国人数が半減以下

  6. [2020年12月]訪日外国人数が58,700人に増加/通年では87%減少

  7. 訪日外国人数4000万人の目標は達成できるのか

  8. 2019年11月下旬の週末は各地で混雑するのか

  9. [日本の都市特性評価2019]トップはどの都市だったのか

  10. [2020年5月]今月も訪日外国人数が99.9%減少

  11. 「にっぽんの温泉100選」が発表

  12. [2021年4月]国内旅行の取扱額が大幅増加

  13. [取扱金額]旅行業者ごとの状況(平成30年度)

  14. [2021年8月]訪日外国人数が約3倍

  15. [2020年7月]旅行取扱額が87.4%減少

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. [2021年11月]訪日外国人数が半減以下

    2022.01.19

  2. [令和3年11月]訪日外国人旅行の取扱額が約3倍に

    2022.01.14

  3. [年頭所感]JATA会長「観光業界の『再生』を目指して」

    2022.01.09

  4. [令和3年10月]訪日外国人旅行の取扱額が約2倍に

    2021.12.23

  5. [日系現役CAに聴いた]オススメの日本国内の旅行先1位~5位

    2021.12.18

  6. [観光庁]外国人旅行者が訪日旅行中に困ったことランキング

    2021.11.19

  7. [現役CAに聴いた]オススメの日本国内の旅行先1位~5位

    2021.11.13

  8. [日本旅行業協会]国内旅行に関する情報をオンラインセミナーで配信

    2021.11.10

  9. [2021年9月]訪日外国人数が3割増

    2021.10.27

  10. [2021年8月]訪日外国人旅行の取扱額が今月も大幅増加

    2021.10.10