[2020年6月]旅行取扱額が92.9%減少

観光庁は、8月14日に、主要旅行業者の旅行取扱状況速報を公表した(リンクはこちら)。結果としては、海外旅行、訪日外国人旅行、国内旅行のそれぞれで、旅行取扱額は前年同月比で98.8%減少、99.0%減少、87.9%減少した。全体として、取扱額は92.9%減少した。

詳細なデータは次の通り。

出典:観光庁

上記の通り、新型コロナウイルスの感染拡大による旅行の延期や中止が結果に大きく影響した。しかし5月25日には緊急事態宣言が解除され、6月19日には都道府県をまたぐ移動が全国的に緩和された。これにより、国内旅行は、前月の96.6%減少よりも一定程度回復した。

7月には、国内旅行の需要喚起策として「Go To トラベル」事業が開始された。この事業は国内旅行に良い結果をもたらすと予想される。次回の統計結果に期待したい。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [観光庁]延べ宿泊者数76.8%減少。客室稼働率16.6%

  2. [2021年7月]訪日外国人数が大幅増加

  3. [2020年10月]訪日外国人数が27,000人超え

  4. 「にっぽんの温泉100選」が発表

  5. 訪日外国人数4000万人の目標は達成できるのか

  6. [2020年5月]旅行取扱額が97.6%減少

  7. [2021年6月]訪日外国人数が3倍超

  8. [2020年1月]訪日外国人数が減少

  9. [2021年8月]訪日外国人数が約3倍

  10. [2020年8月]国内旅行が更に回復

  11. [2021年3月]国内旅行の取扱額が増加

  12. 旅館/ホテルの予約経路はどこが最大か

  13. [2020年9月]国内旅行の取扱額が回復傾向

  14. [新型コロナウイルス]新幹線での輸送量40%以上減 貸切バスの運送収入79%減

  15. [訪日外国人]平成最後の統計を図で振り返る

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。