[2020年9月]国内旅行の取扱額が回復傾向

観光庁は11月13日に、主要旅行業者の旅行取扱状況速報(令和2年9月分)を発表した(リンクはこちら)。新型コロナウイルスの感染拡大による旅行の延期及び中止により、総取扱額は前年同月と比べて大幅に減少した。結果は次の通り。

出典:観光庁

結果を詳細に説明すると、海外旅行の取扱額は前年同月と比べて1.7%であった。先月とほぼ同じである。次の外国人旅行のそれは前年同月と比べて2.3%であった。先月よりも悪化した。

しかし国内旅行については、Go To トラベルキャンペーンの効果が一層現れたため、前年同月と比べて37.2%だった。先月の、前年同月比23.7%よりも大幅に回復した。

現時点では、「Go To トラベル」キャンペーンは2021年1月に終了する予定である。しかし赤羽国交相は、「GoToトラベル」キャンペーンについて「地方の経済の状況を見ますと、延長したいというふうに思っています」と発言した。一部では、来年の春の大型連休まで延長されるとの見方もある。 新型コロナウイルスの感染は拡大しているものの、景気の底上げも必要であろう。完全な両立は難しいが、国民の理解を得ながら進めてもらいたい。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 日本人は余暇をどう過ごしているのか

  2. [宿泊業]2019年冬のボーナスはどうなったか

  3. [訪日外国人]平成最後の統計を図で振り返る

  4. [人気ツアー]グランプリ受賞はこちら

  5. [2021年5月]国内旅行の取扱額が大幅増加

  6. [2020年11月]訪日外国人数が56,700人に倍増

  7. [2020年12月]日本人の宿泊者数・客室稼働率が共に悪化

  8. [2021年6月]訪日外国人旅行の取扱額が大幅増加

  9. [2021年5月]訪日外国人数が大幅増加

  10. [2020年7月]訪日外国人数が4ヶ月連続で99.9%減

  11. [2021年7月]訪日外国人数が大幅増加

  12. [2019年 年末年始]行きたい旅先ランキング

  13. [2020年11月]宿泊者数・客室稼働率が共に回復傾向

  14. [2021年1月]国内旅行の取扱額が再び悪化

  15. 2019年のゴールデンウィークが旅行取扱額に与えた影響

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。