[2020年10月]訪日外国人数が27,000人超え

日本政府観光局(JNTO)は2020年10月の訪日外国人数を発表した(リンクはこちら)。それによると、その月の訪日外国人数は27,400人で、2020年3月以来の最高値を更新した。詳細な結果は次の通り。

訪日外国人数は緩やかに回復しているとはいえ、前年同月比で98.9%減少した。回復の理由は、10月からビジネス人材等に加え、留学、家族滞在等のその他の在留資格も対象として、原則として全ての国・地域からの入国を許可したためだ。

現在も日本は152の国と地域からの外国人の入国を「特段の事情」がない限り拒否している。よって、観光目的で入国している外国人は一部と見られる。

観光業界にとって厳しい時期がこれから長期的に続くと見られる。新型コロナウイルスが早期に収束することを祈る。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2021年7月]訪日外国人旅行の取扱額が今月も大幅増加

  2. [2020年6月]旅行取扱額が92.9%減少

  3. [2020年11月]訪日外国人数が56,700人に倍増

  4. [2020年5月]今月も訪日外国人数が99.9%減少

  5. [人気ツアー]グランプリ受賞はこちら

  6. 2019年11月下旬の週末は各地で混雑するのか

  7. [2020年12月]国内旅行の取扱額の回復が鈍化

  8. [2020年6月]旅行需要が持ち直し傾向

  9. [2021年5月]国内旅行の取扱額が大幅増加

  10. 訪日外国人数4000万人の目標は達成できるのか

  11. 沖縄とハワイは何が違うのか

  12. 旅館/ホテルの予約経路はどこが最大か

  13. [2020年4月]訪日外国人数が99.9%減少

  14. 旅行会社の未来

  15. [2020年12月]訪日外国人数が58,700人に増加/通年では87%減少

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。