[2020年11月]国内旅行の取扱額が更に回復

観光庁は1月15日に、主要旅行業者の旅行取扱状況速報 (令和2年11月分)を発表した(リンクはこちら)。それによると、総取扱額は海外旅行、外国人旅行、国内旅行各部門で前年同月と比べ大幅に減少した。詳細は次の通り。

上記の通り、国内旅行の取扱額は先月よりも回復した。先月の国内旅行の取扱額が前年同月比で61.3%であったのに対し、今月は前年同月比で74.2%である。

とはいえ国内旅行の取扱額は、依然として前年同月比で74.2%にすぎない。旅行業では、利益率が5%を超えない企業がほとんどだ。そのような企業で今回のように取扱額(売上)が前年同月比で74.2%まで落ち込んだら、経費削減を大々的に行わない限り赤字は必至だろう。

昨年末、新型コロナウイルスの再拡大が確認された。更に、2021年1月にはGo To トラベルが一時停止された。以上のことから、今後発表される統計では、取扱額が減少する可能性がある。

新型コロナウイルスが収束しない限り、旅行業の今後は明るくないだろう。現場の方々の生活を守る手厚い政策が望まれる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2021年7月]訪日外国人旅行の取扱額が今月も大幅増加

  2. [2021年4月]訪日外国人数が大幅増加

  3. 2019年のゴールデンウィークが旅行取扱額に与えた影響

  4. [2020年12月]日本人の宿泊者数・客室稼働率が共に悪化

  5. 2018年の宿泊業での給与は伸びたのか

  6. [2021年4月]国内旅行の取扱額が大幅増加

  7. 日本人は余暇をどう過ごしているのか

  8. [2021年2月]国内旅行の取扱額が微増

  9. 旅館/ホテルの予約経路はどこが最大か

  10. 2019年11月下旬の週末は各地で混雑するのか

  11. [2020年12月]訪日外国人数が58,700人に増加/通年では87%減少

  12. [日本の都市特性評価2019]トップはどの都市だったのか

  13. [2020年7月]訪日外国人数が4ヶ月連続で99.9%減

  14. [新型コロナウイルス]新幹線での輸送量40%以上減 貸切バスの運送収入79%減

  15. [2020年7月]旅行取扱額が87.4%減少

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。