[2020年12月]訪日外国人数が58,700人に増加/通年では87%減少

日本政府観光局(JNTO)は1月20日に、2020年12月の訪日外国人数を発表した(リンクはこちら)。

それによると、その月の訪日外国人数は58,700人で、11月の56,700人から2,000人増加した。詳細な数値は次の通り。

増加に貢献したのはフィリピン、ベトナム、そしてインドからの訪日外国人だ。ビジネス関連での往来や、留学・家族などの入国が緩和されたことが背景にあるようだ。

2020年12月の訪日外国人数が発表されたことに伴い、2020年の通年での数字も公表された。通年での訪日外国人数は411万人で、前年比で87.1%減少した。訪日外国人数4,000万人という政府目標は、当然ながら達成されなかった。

以上のように、訪日外国人数は増加傾向にある。しかし現在は、変異ウイルスの拡大を受け、外国人の新規入国は全面的に停止されている。このため、今後の訪日外国人数の大幅な増加はすぐには見込めないだろう。

訪日外国人数を増加させることは景気回復にとって必要かもしれない。しかし同時に、国民の健康を確保することも必要であろう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2019年夏休み]人気旅行先ランキング(国内)

  2. [新型コロナウイルス]新幹線での輸送量40%以上減 貸切バスの運送収入79%減

  3. 中国人観光客はなぜ日本に来るのか

  4. [2019年 年末年始]行きたい旅先ランキング

  5. 訪日外国人数4000万人の目標は達成できるのか

  6. [2020年5月]今月も訪日外国人数が99.9%減少

  7. [2020年10月]訪日外国人数が27,000人超え

  8. [取扱金額]旅行業者ごとの状況(平成30年度)

  9. コロナウイルスの影響で訪日外国人数が58%減

  10. [2021年3月]国内旅行の取扱額が増加

  11. [2021年8月]訪日外国人数が約3倍

  12. [2021年7月]訪日外国人旅行の取扱額が今月も大幅増加

  13. [2020年9月]訪日外国人数が1万人を回復

  14. [日本の都市特性評価2019]トップはどの都市だったのか

  15. [2020年6月]旅行取扱額が92.9%減少

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。