[2021年1月]訪日外国人数が46,500人/前年同月比98.3%減

日本政府観光局(JNTO)は2月17日に、2021年1月の訪日外国人数を発表した(リンクはこちら)。詳細は次の通り。

それによると、2021年1月の訪日外国人数は46,500人で、前年同月比で98.3%減少した。先月(2020年12月)の訪日外国人数が58,700人だったので、先月よりも減少した。昨年12月下旬以降、新規入国の一時停止や検疫の強化などの措置が取られた影響と見られる。

多くの外国からの訪日外国人数が減少した中、ベトナムからの訪日外国人数は15,700人から20,000人に増加した。ビジネス目的の入国が増加に貢献した。

少なくともワクチンが世界的に普及するまでは、国境を超える人の移動は回復しないだろう。訪日外国人をターゲットにしたビジネスは、もうしばらく我慢が求められる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2019年 年末年始]行きたい旅先ランキング

  2. [2020年10月]訪日外国人数が27,000人超え

  3. [2020年6月]訪日外国人数が3ヶ月連続で99.9%減少

  4. [2020年10月]国内旅行の取扱額が大幅に回復

  5. 民泊の状況はどうなっているのか

  6. [2020年12月]国内旅行の取扱額の回復が鈍化

  7. [2020年9月]訪日外国人数が1万人を回復

  8. 中国人観光客はなぜ日本に来るのか

  9. [宿泊業]2019年冬のボーナスはどうなったか

  10. 2019年11月下旬の週末は各地で混雑するのか

  11. [2020年11月]宿泊者数・客室稼働率が共に回復傾向

  12. 旅館/ホテルの予約経路はどこが最大か

  13. [2020年3月]訪日外国人数が93%減少

  14. [2020年7月]旅行取扱額が87.4%減少

  15. [2020年5月]旅行取扱額が97.6%減少

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。