[2021年1月]国内旅行の取扱額が再び悪化

観光庁は3月12日に、主要旅行業者の旅行取扱状況速報 (2021年1月分)を発表した(リンクはこちら)。それによると、総取扱額は海外旅行、外国人旅行、国内旅行各部門で前年同月比で大幅に減少した。詳細は次の通り。

先月までは、Go To トラベル事業の影響で国内旅行の取扱額は回復傾向にあった。先月の国内旅行の取扱額は前年同月比で62%だった。

しかし上記の表の通り、今月の国内旅行の取扱額は前年同月比で20%まで落ち込んだ。1都3県で緊急事態宣言が延長されたことにより、Go To トラベル事業の一時停止が延長されたことが大きく影響した。

赤羽国土交通大臣は、3月5日の閣議の後の会見で、Go To トラベル事業の再開は当面難しいとの認識を示した。

政府は、新規感染者数が下げ止まっているものの医療提供体制は改善しているなどとして、3月21日で1都3県の緊急事態宣言を解除する方針だ。 新型コロナウイルスの感染拡大を防止することは前提だが、緊急事態宣言の解除が関連事業者の経営を好転させることを祈る。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [日本の都市特性評価2019]トップはどの都市だったのか

  2. 旅行会社の未来

  3. 2018年の宿泊業での給与は伸びたのか

  4. [宿泊業]2019年冬のボーナスはどうなったか

  5. 「にっぽんの温泉100選」が発表

  6. 旅館の休館日はいつなのか

  7. [2021年3月]国内旅行の取扱額が増加

  8. [2020年5月]旅行取扱額が97.6%減少

  9. [訪日外国人]平成最後の統計を図で振り返る

  10. [2020年4月]訪日外国人数が99.9%減少

  11. [2020年3月]訪日外国人数が93%減少

  12. [2021年4月]訪日外国人数が大幅増加

  13. [2020年11月]宿泊者数・客室稼働率が共に回復傾向

  14. [観光庁]延べ宿泊者数76.8%減少。客室稼働率16.6%

  15. [2020年7月]旅行取扱額が87.4%減少

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。