[2021年4月]訪日外国人数が大幅増加

日本政府観光局(JNTO)は、2021年4月の訪日外国人数を発表した(リンクはこちら)。発表内容は次の通り。

上記によると、訪日外国人数は10,900人で、前年同月比で273.7%という大幅な増加である。ただし、前年同月は経済に対する新型コロナウイルスの影響が強く出た時期でもある。このため前年同月比での大幅上昇は当然とも言える。

今月の10,900人という数は、前月の12,300人よりも少ない。これは、新規入国の一時停止や検疫の強化が影響した結果である。今後は、国内のワクチン接種の進行度合いにも影響されるだろう。

東京、大阪、沖縄等の地域には緊急事態宣言が発出されている。このため、正常な経済活動は出来ていない。今年7月には東京オリンピック・パラリンピックが予定されているものの、開催には賛否両論ある。

経済活動と感染拡大抑止とのバランスが引き続き求められる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 2018年の宿泊業での給与は伸びたのか

  2. [2021年3月]国内旅行の取扱額が増加

  3. 訪日外国人数4000万人の目標は達成できるのか

  4. [宿泊業]2019年冬のボーナスはどうなったか

  5. [2020年12月]訪日外国人数が58,700人に増加/通年では87%減少

  6. [観光庁]延べ宿泊者数76.8%減少。客室稼働率16.6%

  7. [新型コロナウイルス]新幹線での輸送量40%以上減 貸切バスの運送収入79%減

  8. [2020年11月]宿泊者数・客室稼働率が共に回復傾向

  9. [2019年夏休み]人気旅行先ランキング(国内)

  10. [2021年5月]国内旅行の取扱額が大幅増加

  11. [2020年7月]訪日外国人数が4ヶ月連続で99.9%減

  12. [2021年1月]国内旅行の取扱額が再び悪化

  13. 2019年のゴールデンウィークが旅行取扱額に与えた影響

  14. [取扱金額]旅行業者ごとの状況(平成30年度)

  15. [2021年5月]訪日外国人数が大幅増加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。