[2021年6月]訪日外国人旅行の取扱額が大幅増加

観光庁は8月6日に、主要旅行業者の旅行取扱状況速報 (2021年6月分)を発表した(リンクはこちら)。詳細は次の通り。

海外旅行、(訪日)外国人旅行、国内旅行の全てにおいて、取扱額は前年同月を上回った。特に伸びが目立ったのは外国人旅行で、前年同月比で883%であった。

とはいえ、前年同月は、新型コロナウイルスの流行が騒がれている最中であったため、前年同月比での大幅上昇は当然とも言える。新型コロナウイルスが流行する前と比べた前々年同月比では、取扱額は3.0%に過ぎない。

国内旅行の取扱額は156.6%であり、順調に伸びている。国内旅行の取扱額は全体に占める割合が大きいだけに、旅行業界が回復するかどうかは国内旅行にかかっている。

引き続き、経済と感染抑止の両立が求められる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 「にっぽんの温泉100選」が発表

  2. 日本人は余暇をどう過ごしているのか

  3. 民泊の状況はどうなっているのか

  4. [2019年 年末年始]行きたい旅先ランキング

  5. [取扱金額]旅行業者ごとの状況(平成30年度)

  6. [2021年5月]訪日外国人数が大幅増加

  7. [2020年6月]旅行取扱額が92.9%減少

  8. 2019年11月下旬の週末は各地で混雑するのか

  9. [2020年12月]日本人の宿泊者数・客室稼働率が共に悪化

  10. [2020年8月]国内旅行が更に回復

  11. [2021年3月]国内旅行の取扱額が増加

  12. [2020年3月]訪日外国人数が93%減少

  13. [2020年4月]訪日外国人数が99.9%減少

  14. [2020年7月]旅行取扱額が87.4%減少

  15. 2019年のゴールデンウィークが旅行取扱額に与えた影響

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。