民泊専門の清掃代行サービス「クリーンビー」がAirbnb Partnersに参画

昨今、民泊サービスが盛んになっている。民泊サービスとして有名なものはAirbnbである。2015年には138万3000人以上の訪日外国人旅行者がAirbnbを利用した。

Airbnbは日本でのホームシェアビジネスに力を入れている。そこでAirbnbは、日本の多様な組織・産業と力を合わせるべく、アライアンス組織のAirbnb Partnersを創設した。それに新たに参画したのが清掃代行サービスの「クリーンビー」である。

清掃は、宿泊前後に避けられないものである。「クリーンビー」は、ベッドメイキング、シーツのセッティング、キッチンやバスルーム等の清掃を行ってくれるサービスである。しかも、オプションとして、アメニティグッズの供給もしてくれる。まるでホテルの清掃サービスのようである。このサービスを提供する株式会社ノティオの設立は2008年4月1日。清掃実績(累計)は約40,000件とのことだ。

民泊が盛んになっていることの理由の1つは、訪日外国人の増加である。しかし、もう1つの理由は、空き家の増加である。次の画像に示すように、空き家率は年々上昇しており、2013年(平成25年)には13.5%に達した。

空き家率が上昇している理由の1つは、人口減少である。更に、空き家を取り壊そうとしても、所有権の問題や費用の問題が発生するので、簡単には進まない。しかし空き家を放置すれば、浮浪者が住み着いたり、火災又は倒壊の危険がある。政府はこの問題を解決しようとしている。

そこで、空き家の有効活用方法の1つとして浮上したのが民泊なのである。自分の家を民泊に出したい人にとってのハードルの1つは清掃であるが、このサービスはそのハードルを取り除いてくれる。よって、このサービスがAirbnb Partnersに参画することで、相乗効果が期待できるだろう。

新たなサービスが生まれることは嬉しいことである。日本の産業がもっと活性化することを祈る。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ムスリムへの「おもてなし」サービスが登場

  2. 宿泊するホテルの様子は予約前に映像(VR)でチェック

  3. ドアの施錠解錠を行えるサービスKEYVOX

  4. 留学と旅行を融合させた教育旅行プログラム

  5. 第5回 自動翻訳シンポジウムが開催

  6. モバイル型ロボットで教育旅行

  7. 翻訳のポケトークにアプリ版が登場

  8. ヘルスツーリズムで健康を増進

  9. 旅行代金はクレジットカードで支払うのがオススメ

  10. マスク型翻訳機「C-FACE」がCESに登場

  11. キャッシュレス決済が可能な施設をマップ化

  12. [Google]観光業向けの無料トレーニング講座

  13. [戸建型]家族・グループ旅行者をターゲットに

  14. 「着るロボット」で観光地を巡る

  15. ふるさと納税の体験型返礼品に特化したサイトが登場

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. [2022年10月]訪日外国人数、前月の2.5倍に

    2022.11.19

  2. [2022年9月]訪日外国人数、コロナ以降初めて20万人超

    2022.10.25

  3. [2022年8月]訪日外国人数、5ヶ月連続で10万人超

    2022.09.25

  4. [2022年7月]訪日外国人数、4ヶ月連続で10万人超

    2022.08.19

  5. [2022年6月]訪日外国人数、3ヶ月連続で10万人超

    2022.07.30

  6. [2022年5月]訪日外国人数、2ヶ月連続で10万人超

    2022.06.19

  7. [2022年4月]訪日外国人数、約2年ぶりに10万人超

    2022.05.20

  8. 観光関連産業団体らが「水際対策緩和に関する要望書」を国土交通大…

    2022.05.14

  9. Boxに保存するだけでAI翻訳 「ヤラクゼン for Box」

    2022.05.07

  10. マスク型翻訳機「C-FACE」がCESに登場

    2022.04.29