[日本の都市特性評価2019]トップはどの都市だったのか

森ビルのシンクタンクである森記念財団の都市戦略研究所は、2019年9月10日に、日本の都市特性評価2019を発表した。

これは、日本の各都道府県における主要都市を対象として、都市の力を定量・定性データをもとに相対的且つ多角的に分析したものである。対象都市は主要72都市と東京23区である。この記事では、主要72都市のランキングを紹介する。

主要な評価の項目は次の通り。
○経済・ビジネス(経済規模等)
○研究開発(研究開発結果等)
○文化・交流(交流実績等)
○生活・居住(健康・医療等)
○環境(自然環境等)
○交通・アクセス(移動の容易性等)

ランキングの上位3都市は次の通りである。

●3位 大阪市

昨年と同様、経済・ビジネス、交通・アクセス、文化・交流の点で評価が高かった。特に、経済規模や雇用・人材の規模が大きいことが評価を押し上げ、経済・ビジネスの点ではトップであった。

●2位 福岡市

太宰府

アジアのリーダー都市を目指す福岡市は、経済・ビジネスの点で非常に評価が高い。また、住みやすい都市として、生活・居住の点でも評価が高かった。

●1位 京都市

文化・交流の点で評価がトップであった。特に、「受入環境」の点では、観光案内所や病院の多言語対応や、高級宿泊施設の客室数のスコアが高かった。また、研究・開発の点でも安定的なスコアが目立った。

以上のようなランキングであるが、京都市の「文化・交流」は抜きん出ている。これは、歴史的な文化財があるだけでなく、それを目当ての観光客を受け入れるだけの体制を整えているからであろう。京都府には国際空港が無いにもかかわらず、トップになったことは特筆すべきである。訪日外国人の数を増やすためには、京都市の取り組みを他の都市にも共有していく必要があろう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 2019年11月下旬の週末は各地で混雑するのか

  2. [2020年5月]今月も訪日外国人数が99.9%減少

  3. [2020年3月]訪日外国人数が93%減少

  4. [2021年通年]訪日外国人数は前年比94%減

  5. [令和4年2月]訪日外国人旅行の取扱額が2倍

  6. [2020年9月]訪日外国人数が1万人を回復

  7. [宿泊業]2019年冬のボーナスはどうなったか

  8. 2019年のゴールデンウィークが旅行取扱額に与えた影響

  9. [新型コロナウイルス]新幹線での輸送量40%以上減 貸切バスの運送収入79%減

  10. [2021年3月]国内旅行の取扱額が増加

  11. [2022年4月]訪日外国人数、約2年ぶりに10万人超

  12. 旅館/ホテルの予約経路はどこが最大か

  13. [2022年10月]訪日外国人数、前月の2.5倍に

  14. 旅行会社の未来

  15. 「にっぽんの温泉100選」が発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. [2022年10月]訪日外国人数、前月の2.5倍に

    2022.11.19

  2. [2022年9月]訪日外国人数、コロナ以降初めて20万人超

    2022.10.25

  3. [2022年8月]訪日外国人数、5ヶ月連続で10万人超

    2022.09.25

  4. [2022年7月]訪日外国人数、4ヶ月連続で10万人超

    2022.08.19

  5. [2022年6月]訪日外国人数、3ヶ月連続で10万人超

    2022.07.30

  6. [2022年5月]訪日外国人数、2ヶ月連続で10万人超

    2022.06.19

  7. [2022年4月]訪日外国人数、約2年ぶりに10万人超

    2022.05.20

  8. 観光関連産業団体らが「水際対策緩和に関する要望書」を国土交通大…

    2022.05.14

  9. Boxに保存するだけでAI翻訳 「ヤラクゼン for Box」

    2022.05.07

  10. マスク型翻訳機「C-FACE」がCESに登場

    2022.04.29