[業務効率化]窓口業務向けのコンパクトスキャナー

訪日外国人が年々増加する中、ホテルや旅館の窓口で本人確認書類(例:パスポート)を確認する作業が生じている。これは必要な手続きではあるが、宿泊客から本人確認書類を受け取って、奥に置いてあるスキャナーまで移動してそこでスキャンして・・という作業を行えば、手間は増える。経営者の立場から見れば、手間が増えれば従業員を増やさなければならないので、人件費は上がる。しかも昨今の人手不足が拍車をかけることによって、経営状態は悪化する。

そのような状態を避けるには、一人がこなせる作業量を増やすしかない。そこで富士通がリリースした新製品が、窓口業務向けのコンパクトスキャナーの「fi-800R」である。サイズは296mm × 105mm × 83mmで重さは2.0kgである(次の画像参照)。

富士通HP
https://www.fujitsu.com/jp/products/computing/peripheral/scanners/fi/products/fi-800r/

この製品は、機能性にも優れている。両面スキャン、書類の連続読み取り、原稿の傾きの補正はもちろんのこと、「身分証表裏判別機能」がある。これは、パスポートやIDカードにある顔写真を基に原稿の表裏を自動で判別して、表裏逆向きに読み取った場合には自動的にイメージデータを入れ替える機能である。また「MRZ認識機能」を搭載し、パスポートに含まれる旅券番号や氏名、国籍などの情報をOCRで読み取ってデータとして出力することもできる。

本体価格は98,000円(税別)とのことだ。この製品によって、経営者は人件費を削減できる。また、従業員は業務を削減でき、宿泊客は窓口での待ち時間を削減できる。この製品は業務効率化の一例であるが、この製品のように、多くの関係者の満足度を向上させることができる製品が次々とリリースされていることを嬉しく思う。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ヘルスツーリズムで健康を増進

  2. 通訳案内士向けの保険が登場

  3. ふるさと納税の体験型返礼品に特化したサイトが登場

  4. 翻訳のポケトークにアプリ版が登場

  5. マスク型翻訳機「C-FACE」がCESに登場

  6. ドアの施錠解錠を行えるサービスKEYVOX

  7. [キャンセル問題][集客]宿泊施設の悩みを解決

  8. [Google]観光業向けの無料トレーニング講座

  9. キャッシュレス決済が可能な施設をマップ化

  10. [戸建型]家族・グループ旅行者をターゲットに

  11. 多言語チャットボットで宿泊プランを販売

  12. 第5回 自動翻訳シンポジウムが開催

  13. 自動翻訳シンポジウムがオンラインで開催[2022/3/11]

  14. 旅行代金はクレジットカードで支払うのがオススメ

  15. モバイル型ロボットで教育旅行

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. [2022年10月]訪日外国人数、前月の2.5倍に

    2022.11.19

  2. [2022年9月]訪日外国人数、コロナ以降初めて20万人超

    2022.10.25

  3. [2022年8月]訪日外国人数、5ヶ月連続で10万人超

    2022.09.25

  4. [2022年7月]訪日外国人数、4ヶ月連続で10万人超

    2022.08.19

  5. [2022年6月]訪日外国人数、3ヶ月連続で10万人超

    2022.07.30

  6. [2022年5月]訪日外国人数、2ヶ月連続で10万人超

    2022.06.19

  7. [2022年4月]訪日外国人数、約2年ぶりに10万人超

    2022.05.20

  8. 観光関連産業団体らが「水際対策緩和に関する要望書」を国土交通大…

    2022.05.14

  9. Boxに保存するだけでAI翻訳 「ヤラクゼン for Box」

    2022.05.07

  10. マスク型翻訳機「C-FACE」がCESに登場

    2022.04.29