ふるさと納税の体験型返礼品に特化したサイトが登場

2008年に開始した「ふるさと納税制度」。寄付額は5000億円を超えた。このような躍進の背景には返礼品がある。つまり納税者はふるさと納税をすることによって、納税先の自治体から商品を得ることができる。商品は、米、酒、肉、ビール、商品券、家具など多岐に渡る。

上記のように返礼品は商品であることが多いが、このたびROOTs社は全国14自治体と契約し、体験型返礼品に特化したふるさと納税サイト「さといこ」を本格スタートした。

体験型返礼品の例は次の通り。
・河口湖のプライベートサイクリング(山梨県富士河口湖町)
・標高1,100mから八ヶ岳に向かって町を見下ろすパラグライダー体験(長野県富士見町)
・世界大会に出場したオーナーがプロデュースするオリジナルBBQ(東京都青梅市)
・海がめもやってくる綺麗な海でSUP・サーフィン(福岡県岡垣町)
・地元の農家さんに教わりながら一緒に農業体験&農泊(秋田県仙北市)
・地元の漁師さんしか知らない天橋立沖に漁船で釣りにでよう(京都府宮津市)

このサービスの特徴は、体験型返礼品に特化しているというだけでなく、従来型の旅行返礼品チケット発行から送付までというプロセスが無いチケットレス化を実現したことにもある。「即日寄附し、その日に体験」も可能だ。更に、ガイドブックには掲載されない地域体験も可能とのことだ。

このサービスによって、地域を訪れる観光客が増えるだろう。それによって、その地域を目で見て、良いところを知ってもらうことができる。このようなメリットは、返礼品を贈るだけでは得られないだろう。地方創生につながる素晴らしい取り組みであろう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 民泊専門の清掃代行サービス「クリーンビー」がAirbnb Partnersに参画

  2. モバイル型ロボットで教育旅行

  3. 旅行代金はクレジットカードで支払うのがオススメ

  4. マスク型翻訳機「C-FACE」がCESに登場

  5. 自動翻訳シンポジウムがオンラインで開催[2022/3/11]

  6. 第5回 自動翻訳シンポジウムが開催

  7. 「着るロボット」で観光地を巡る

  8. 留学と旅行を融合させた教育旅行プログラム

  9. [Google]観光業向けの無料トレーニング講座

  10. 多言語チャットボットで宿泊プランを販売

  11. [戸建型]家族・グループ旅行者をターゲットに

  12. 通訳案内士向けの保険が登場

  13. 宿泊するホテルの様子は予約前に映像(VR)でチェック

  14. ©Gulfstream Aerospace Corporation

    JALと丸紅がチャーターフライトのサービスを開始

  15. 翻訳のポケトークにアプリ版が登場

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. [2022年10月]訪日外国人数、前月の2.5倍に

    2022.11.19

  2. [2022年9月]訪日外国人数、コロナ以降初めて20万人超

    2022.10.25

  3. [2022年8月]訪日外国人数、5ヶ月連続で10万人超

    2022.09.25

  4. [2022年7月]訪日外国人数、4ヶ月連続で10万人超

    2022.08.19

  5. [2022年6月]訪日外国人数、3ヶ月連続で10万人超

    2022.07.30

  6. [2022年5月]訪日外国人数、2ヶ月連続で10万人超

    2022.06.19

  7. [2022年4月]訪日外国人数、約2年ぶりに10万人超

    2022.05.20

  8. 観光関連産業団体らが「水際対策緩和に関する要望書」を国土交通大…

    2022.05.14

  9. Boxに保存するだけでAI翻訳 「ヤラクゼン for Box」

    2022.05.07

  10. マスク型翻訳機「C-FACE」がCESに登場

    2022.04.29