[JTB]旅行プラン相談料金の収受を終了

JTBは、2019年4月から、一部の店舗で窓口での旅行プランの相談料金を収受する試行を行っていた。このことを取り上げた以前の記事は次のURL参照。
http://japan-planners.com/blog/3995/

この試行の背景としては、相談料金を収受することは標準旅行業約款でも定義されているし、店頭にも掲示しているものの、実際にはできていなかったことがある。

しかし、7ヶ月が経過した2019年10月31日にJTBはその試行を終了した。終了の理由は、多くの利用客の意見を踏まえた結果ということだ。

料金を収受することに問題はない。しかし、相談料金を収受しないという長年の慣行が定着していたため、収受によって顧客に混乱を与えたのだろう。旅行プランを提案するプロが報酬を得られないというのは残念なことであるが、他の部分でしっかり料金を徴収して、それに見合った一層質の高いサービスを提供してもらいたいものである。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 無断キャンセル問題をどう解決するか

  2. 旅行プランの相談料を有料化する流れ

  3. 育児等で就業ブランクのある女性を観光業とマッチング

  4. [観光庁]貸切バス事業者の負担を軽減へ

  5. 宿泊業界で初!在留資格「特定技能1号」の合格者

  6. 在留資格に旅行業を追加する提言

  7. 旅行会社の未来

  8. 日韓関係の悪化で、長崎県が国に支援を要請

  9. [年頭所感]JATA会長「観光業界の『再生』を目指して」

  10. 宿泊税反対へ

  11. 羽田空港の新ルートで何が変わるのか

  12. [観光庁]宿泊業はどのように生産性向上を行えばいいのか

  13. マスク型翻訳機「C-FACE」がCESに登場

  14. 観光関連産業団体らが「水際対策緩和に関する要望書」を国土交通大臣に提出

  15. 宿泊業に必須となるホスピタリティサービス工学とは

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. [2022年10月]訪日外国人数、前月の2.5倍に

    2022.11.19

  2. [2022年9月]訪日外国人数、コロナ以降初めて20万人超

    2022.10.25

  3. [2022年8月]訪日外国人数、5ヶ月連続で10万人超

    2022.09.25

  4. [2022年7月]訪日外国人数、4ヶ月連続で10万人超

    2022.08.19

  5. [2022年6月]訪日外国人数、3ヶ月連続で10万人超

    2022.07.30

  6. [2022年5月]訪日外国人数、2ヶ月連続で10万人超

    2022.06.19

  7. [2022年4月]訪日外国人数、約2年ぶりに10万人超

    2022.05.20

  8. 観光関連産業団体らが「水際対策緩和に関する要望書」を国土交通大…

    2022.05.14

  9. Boxに保存するだけでAI翻訳 「ヤラクゼン for Box」

    2022.05.07

  10. マスク型翻訳機「C-FACE」がCESに登場

    2022.04.29