ムスリムへの「おもてなし」サービスが登場

ムスリムとはイスラム教徒のことである。イスラム教徒に馴染みのない日本人は多いだろう。そのため、宿泊業に従事する人の中には、どのようにおもてなしをすればよいか、分からない方も多いだろう。

イスラム教徒の人口は世界人口の4分の1ほどを占めると言われている。世界最大のイスラム国家はインドネシアであり、2018年は40万人弱が日本を訪れた(統計参照)。その伸率は対前年比で12.6%であり、非常に大きい。

しかしイスラム教徒の中には、日本で温泉を楽しみたいのに宿泊環境がないから諦めている人もいるという。このような状況では、宿泊施設は折角の集客チャンスを逃してしまう。

そこで、宿泊施設でムスリムへのおもてなしをどのように行うかの指導や支援等を行うサービスが登場した(リンク参照)。主に次のような項目でサービスを行うという。

1.おもてなし方針の策定:「食」、「礼拝」、「接客」の視点から細かく決定
2.食材の提供:「弁当」、「惣菜」、「食材」などのハラール食材を提供
3.資材の提供:礼拝マット、キブラコンパスなどの礼拝用の資材を提供
4.従業員研修の実施:イスラム教やその文化、接客のノウハウ等を紹介
5.マーケティング支援:WEBサイトに掲載する文章の代筆等

ムスリムには、1日5回の礼拝や、豚由来の食材やアルコールを使った料理の禁止など、独特の文化がある。しかし、上記のようにムスリムの人口は多い。このため、ムスリム対応ができる宿泊施設は、集客チャンスを格段に広げることができるだろう。本サービスのような専門サービスを利用して集客を行うことも、一考に値するだろう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [戸建型]家族・グループ旅行者をターゲットに

  2. 宿泊するホテルの様子は予約前に映像(VR)でチェック

  3. 多言語チャットボットで宿泊プランを販売

  4. [Google]観光業向けの無料トレーニング講座

  5. 旅行代金はクレジットカードで支払うのがオススメ

  6. 留学と旅行を融合させた教育旅行プログラム

  7. 民泊専門の清掃代行サービス「クリーンビー」がAirbnb Partnersに参画

  8. キャッシュレス決済が可能な施設をマップ化

  9. モバイル型ロボットで教育旅行

  10. 第5回 自動翻訳シンポジウムが開催

  11. 翻訳のポケトークにアプリ版が登場

  12. ふるさと納税の体験型返礼品に特化したサイトが登場

  13. 「着るロボット」で観光地を巡る

  14. ©Gulfstream Aerospace Corporation

    JALと丸紅がチャーターフライトのサービスを開始

  15. [業務効率化]窓口業務向けのコンパクトスキャナー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. [2022年10月]訪日外国人数、前月の2.5倍に

    2022.11.19

  2. [2022年9月]訪日外国人数、コロナ以降初めて20万人超

    2022.10.25

  3. [2022年8月]訪日外国人数、5ヶ月連続で10万人超

    2022.09.25

  4. [2022年7月]訪日外国人数、4ヶ月連続で10万人超

    2022.08.19

  5. [2022年6月]訪日外国人数、3ヶ月連続で10万人超

    2022.07.30

  6. [2022年5月]訪日外国人数、2ヶ月連続で10万人超

    2022.06.19

  7. [2022年4月]訪日外国人数、約2年ぶりに10万人超

    2022.05.20

  8. 観光関連産業団体らが「水際対策緩和に関する要望書」を国土交通大…

    2022.05.14

  9. Boxに保存するだけでAI翻訳 「ヤラクゼン for Box」

    2022.05.07

  10. マスク型翻訳機「C-FACE」がCESに登場

    2022.04.29