JR東日本グループがベンチャー企業と連携

JR東日本は、子会社であるJR東日本スタートアップ株式会社を通じて、ベンチャーへの出資や協業を行っている。この度JR東日本スタートアップは、新潟駅開発を見越したプランを募り、採択された「AI×観光」の2つの案の実証実験を行うこととした。新潟市とベンチャー企業が連携する。具体的な実験は次の通り。

○実験1.観光タクシーの相乗りマッチングサービス
AIを活用した観光ニーズのマッチングと送迎ルート最適化との技術を用いた相乗りサービスを行う。名称は「新潟トラベルシャトル」。観光客が地域の観光資源に触れることを容易にするとともに、相乗りにより観光客一人あたりの負担を下げる。実施期間は2020年1月18日(土)~3月末(仮)である。

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000067.000034286.html
(以下同様)

○実験2.日本酒レコメンドサービス
新潟駅構内の観光拠点「日本酒観光案内バー(SAKE TOURIST INFORMATION BAR)」にて、10種類の日本酒を飲み比べてもらい、AIによる味覚判定を行う。AIは、個人の嗜好に合ったラリー型の旅(新潟駅近郊)を提案する。ラリーでは、新潟駅周辺地域の飲食店や酒販店を巡る。

以上のようにJR東日本グループは、ベンチャーキャピタルとして地域観光の促進に力を入れている。このような取り組みは、少資本ながらもアイディア豊富なベンチャー企業が大きなプロジェクトを遂行することを可能にするので、意義が大きいだろう。そのようなプロジェクトが成功すればJRの利用客も増えるため、JR東日本グループとしても有益であろう。今回の取り組みを通じて、新潟駅周辺の観光が活性化することを期待する。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 観光関連産業団体らが「水際対策緩和に関する要望書」を国土交通大臣に提出

  2. [日本政策金融公庫]宿泊業向けインバウンド対応ツールを無償で提供

  3. [JATA]国内宿泊キャンペーン『笑う旅には福来たる』を開催

  4. 日韓関係の悪化で、長崎県が国に支援を要請

  5. 冬の志賀高原でインターンシップを開催

  6. [雪不足]やまがた割で対策

  7. 旅行業界 首里城再建を支援

  8. 20歳・200名に初の海外体験を無料で提供

  9. [Go Toトラベルキャンペーン]東京を除外

  10. [松本大学]地域に貢献できる人材を育成

  11. [Go Toキャンペーン(仮)]観光業に対する政府支援

  12. ツーリズムEXPOジャパン2019が大阪で開催

  13. 「Go To トラベル」に東京が追加

  14. 1万円分の国内宿泊引換証等があたるキャンペーン実施中

  15. [観光促進]日本旅行が割引キャンペーンを開始

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. [2022年10月]訪日外国人数、前月の2.5倍に

    2022.11.19

  2. [2022年9月]訪日外国人数、コロナ以降初めて20万人超

    2022.10.25

  3. [2022年8月]訪日外国人数、5ヶ月連続で10万人超

    2022.09.25

  4. [2022年7月]訪日外国人数、4ヶ月連続で10万人超

    2022.08.19

  5. [2022年6月]訪日外国人数、3ヶ月連続で10万人超

    2022.07.30

  6. [2022年5月]訪日外国人数、2ヶ月連続で10万人超

    2022.06.19

  7. [2022年4月]訪日外国人数、約2年ぶりに10万人超

    2022.05.20

  8. 観光関連産業団体らが「水際対策緩和に関する要望書」を国土交通大…

    2022.05.14

  9. Boxに保存するだけでAI翻訳 「ヤラクゼン for Box」

    2022.05.07

  10. マスク型翻訳機「C-FACE」がCESに登場

    2022.04.29