[日本旅行業協会]政府に支援を要望

新型コロナウイルスにより旅行業が大きな影響を受けている。日本旅行業協会は、自粛によって次のような影響が出ていることを公表した。
・2020年3月と4月の旅行会社の予約状況が前年比で約30%と大きく落ち込んでいる。
・毎月1.5兆円の旅行消費が消失している。

日本旅行業協会は自民党と公明党に対し以下の要望(詳細はこちらのリンクを参照)を行った。

【要望の概略】
1.雇用調整助成金の助成率の引き上げと支給限度日数の延長
①助成率:大企業では1/2から2/3へ。中小企業では2/3から4/5へ。
②支給限度日数:100日から200日へ。
2.感染リスクを下げる対策のもとで、旅行・イベントの自粛要請の解除
3.修学旅行の延期と、学校側に取消料が生じる場合の財政支援
4.需要回復キャンペーンの実施
5.国際交流を蘇らせるための国際的な仕組みつくり(出国時の検温、健康チェックなど)

上記の通り、毎月1.5兆円の旅行消費が失われている。このため旅行業界は危機感を募らせている。しかし新型コロナウイルスの大規模感染を防ぐという観点では、旅行は自粛すべきだろう。

上記の2と4と5は、旅行自粛の流れと逆行するおそれがある。一方でこのまま旅行者が減少を続けるなら、現場で働く方たちの収入減やそれに伴う社会の混乱は避けられない。それを阻止するためには上記の1と3は有効だろう。

新型コロナウイルスの問題は現場の努力だけでは乗り切れない。政府には可能な限りの支援をお願いしたいところである。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 山形県沖地震の被災地へ、観光復興支援

  2. 冬の志賀高原でインターンシップを開催

  3. [日本政策金融公庫]宿泊業向けインバウンド対応ツールを無償で提供

  4. 旅行業界 首里城再建を支援

  5. 20歳・200名に初の海外体験を無料で提供

  6. JR東日本グループがベンチャー企業と連携

  7. [Go Toトラベルキャンペーン]東京を除外

  8. 留学と旅行を融合させた教育旅行プログラム

  9. 星空が地域を活性化

  10. [観光庁]観光先進国の実現に向け、概算要求を対前年度20%増

  11. 熊本と仙台を結ぶ「震災復興チャーターツアー」

  12. [観光庁]中核人材育成講座を大学で開講

  13. [Go Toキャンペーン(仮)]観光業に対する政府支援

  14. [2020年6月]旅行需要が持ち直し傾向

  15. 「Go To トラベル」に東京が追加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. [2021年8月]訪日外国人旅行の取扱額が今月も大幅増加

    2021.10.10

  2. 熊本と仙台を結ぶ「震災復興チャーターツアー」

    2021.09.23

  3. [2021年8月]訪日外国人数が約3倍

    2021.09.16

  4. [2021年7月]訪日外国人旅行の取扱額が今月も大幅増加

    2021.09.16

  5. [2021年7月]訪日外国人数が大幅増加

    2021.09.01

  6. [2021年6月]訪日外国人旅行の取扱額が大幅増加

    2021.08.12

  7. [2021年6月]訪日外国人数が3倍超

    2021.07.23

  8. [2021年5月]国内旅行の取扱額が大幅増加

    2021.07.11

  9. [2021年5月]訪日外国人数が大幅増加

    2021.07.02

  10. [2021年4月]国内旅行の取扱額が大幅増加

    2021.06.14