[JTB]旅行プラン相談料金の収受を終了

JTBは、2019年4月から、一部の店舗で窓口での旅行プランの相談料金を収受する試行を行っていた。このことを取り上げた以前の記事は次のURL参照。
http://www.japan-planners.com/blog/3995/

この試行の背景としては、相談料金を収受することは標準旅行業約款でも定義されているし、店頭にも掲示しているものの、実際にはできていなかったことがある。

しかし、7ヶ月が経過した2019年10月31日にJTBはその試行を終了した。終了の理由は、多くの利用客の意見を踏まえた結果ということだ。

料金を収受することに問題はない。しかし、相談料金を収受しないという長年の慣行が定着していたため、収受によって顧客に混乱を与えたのだろう。旅行プランを提案するプロが報酬を得られないというのは残念なことであるが、他の部分でしっかり料金を徴収して、それに見合った一層質の高いサービスを提供してもらいたいものである。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 旅行プランの相談料を有料化する流れ

  2. 宿泊税反対へ

  3. [旅行業協会]新型コロナウイルス対応ガイドラインを策定

  4. [観光庁]宿泊業はどのように生産性向上を行えばいいのか

  5. 日韓関係の悪化で、長崎県が国に支援を要請

  6. 無断キャンセル問題をどう解決するか

  7. 在留資格に旅行業を追加する提言

  8. 育児等で就業ブランクのある女性を観光業とマッチング

  9. モバイル型ロボットで教育旅行

  10. 宿泊業界で初!在留資格「特定技能1号」の合格者

  11. [年頭所感]JATA会長「観光業界の『再生』を目指して」

  12. 旅行業界での働き方改革

  13. 旅館の後継者、首都圏から呼び込む

  14. 宿泊業に必須となるホスピタリティサービス工学とは

  15. [観光庁]貸切バス事業者の負担を軽減へ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. [2021年11月]訪日外国人数が半減以下

    2022.01.19

  2. [令和3年11月]訪日外国人旅行の取扱額が約3倍に

    2022.01.14

  3. [年頭所感]JATA会長「観光業界の『再生』を目指して」

    2022.01.09

  4. [令和3年10月]訪日外国人旅行の取扱額が約2倍に

    2021.12.23

  5. [日系現役CAに聴いた]オススメの日本国内の旅行先1位~5位

    2021.12.18

  6. [観光庁]外国人旅行者が訪日旅行中に困ったことランキング

    2021.11.19

  7. [現役CAに聴いた]オススメの日本国内の旅行先1位~5位

    2021.11.13

  8. [日本旅行業協会]国内旅行に関する情報をオンラインセミナーで配信

    2021.11.10

  9. [2021年9月]訪日外国人数が3割増

    2021.10.27

  10. [2021年8月]訪日外国人旅行の取扱額が今月も大幅増加

    2021.10.10