[キャンセル問題][集客]宿泊施設の悩みを解決

宿泊施設の悩みを解決する支援サービスが普及している。 Cansell株式会社(東京都渋谷区)は、宿泊施設に対し、「Cansell パートナープログラム」という次のようなサービスを提供している(詳細はこちら)。

1.キャンセル料保証:キャンセル料の回収が困難な場合は、キャンセル料の一部を無料で保証。
2.宿泊予約出品:直前キャンセルなどで部屋が空いてしまった場合は、Cansellに宿泊予約を出品。出品手数料は4.98%。

このプログラムへは、100施設以上あるチェーンホテルや旅館、さらにはゲストハウスなど多くの宿泊施設が入会している。入会金は無料だ。

上記の「1.キャンセル料保証」については、従来は訪日外国人によるキャンセルやノーショー( キャンセル連絡すらなく現れないこと)は適用範囲に含まれていなかった。しかし、訪日外国人によるキャンセルやノーショーが増加してきた昨今、それを適用範囲に含めるように変更する。

キャンセルやノーショーは宿泊施設のみならず飲食店等でも起きている問題だ。しかし、このサービスにより、宿泊施設を悩ませる課題は多少なりとも解消する。経営者が安心して本業に集中できる環境を構築するこのサービスは、とても有難いものに違いない。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [業務効率化]窓口業務向けのコンパクトスキャナー

  2. ドアの施錠解錠を行えるサービスKEYVOX

  3. 「着るロボット」で観光地を巡る

  4. 多言語チャットボットで宿泊プランを販売

  5. 民泊専門の清掃代行サービス「クリーンビー」がAirbnb Partnersに参画

  6. [Google]観光業向けの無料トレーニング講座

  7. 旅行代金はクレジットカードで支払うのがオススメ

  8. キャッシュレス決済が可能な施設をマップ化

  9. ヘルスツーリズムで健康を増進

  10. 宿泊するホテルの様子は予約前に映像(VR)でチェック

  11. モバイル型ロボットで教育旅行

  12. ムスリムへの「おもてなし」サービスが登場

  13. ふるさと納税の体験型返礼品に特化したサイトが登場

  14. [戸建型]家族・グループ旅行者をターゲットに

  15. 通訳案内士向けの保険が登場

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. [2021年11月]訪日外国人数が半減以下

    2022.01.19

  2. [令和3年11月]訪日外国人旅行の取扱額が約3倍に

    2022.01.14

  3. [年頭所感]JATA会長「観光業界の『再生』を目指して」

    2022.01.09

  4. [令和3年10月]訪日外国人旅行の取扱額が約2倍に

    2021.12.23

  5. [日系現役CAに聴いた]オススメの日本国内の旅行先1位~5位

    2021.12.18

  6. [観光庁]外国人旅行者が訪日旅行中に困ったことランキング

    2021.11.19

  7. [現役CAに聴いた]オススメの日本国内の旅行先1位~5位

    2021.11.13

  8. [日本旅行業協会]国内旅行に関する情報をオンラインセミナーで配信

    2021.11.10

  9. [2021年9月]訪日外国人数が3割増

    2021.10.27

  10. [2021年8月]訪日外国人旅行の取扱額が今月も大幅増加

    2021.10.10