[2021年4月]国内旅行の取扱額が大幅増加

観光庁6月11日に、主要旅行業者の旅行取扱状況速報 (2021年4月分)を発表した(リンクはこちら)。詳細は次の通り。

取扱額全体は前年同月比で355.2%となり、大幅な増加となった。前年同月は経済に対する新型コロナウイルスの影響が大きく出た時期であるため、前年同月比で大幅増加となったのは当然とも言える。

取扱額全体の大幅増加に貢献したのは国内旅行だ。Go To トラベル事業は一時停止されているものの、旅行需要は徐々に戻りつつある。10都道府県に発出されている緊急事態宣言が解除されれば、Go To トラベル事業が再開される可能性が出てくる。そうなれば、旅行需要の回復は加速するだろう。

経済と感染対策の両立が引き続き叫ばれている。政府には、科学的根拠に基づいた慎重な判断を期待したい。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ホテルが多すぎる?

  2. 2018年の宿泊業での給与は伸びたのか

  3. 日本人は余暇をどう過ごしているのか

  4. [宿泊業]2019年冬のボーナスはどうなったか

  5. 中国人観光客はなぜ日本に来るのか

  6. [2020年6月]旅行取扱額が92.9%減少

  7. [2021年2月]国内旅行の取扱額が微増

  8. [2020年12月]日本人の宿泊者数・客室稼働率が共に悪化

  9. [2020年9月]国内旅行の取扱額が回復傾向

  10. [2021年1月]国内旅行の取扱額が再び悪化

  11. 旅館/ホテルの予約経路はどこが最大か

  12. [2020年11月]国内旅行の取扱額が更に回復

  13. [2020年10月]訪日外国人数が27,000人超え

  14. [2020年8月]国内旅行が更に回復

  15. [2020年12月]国内旅行の取扱額の回復が鈍化

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。