訪日外国人数4000万人の目標は達成できるのか

観光庁は2020年までに訪日外国人旅行者数を4000万人以上にするという目標を掲げている(観光庁のHPはこちら)。これは観光先進国へ向けた新たな国造りの一環だ。

では、果たして達成できそうなのか。残念ながら以下の理由から、達成は困難だろう。

次のように2015年から2017年までは、訪日外国人旅行者数(概数)は順調に伸びていた(出典はこちら)。
2015年:1900万人
2016年:2400万人(前年比+500万人)
2017年:2800万人(前年比+400万人)

つまりその数は、概ね年間400万人のペースで増えていた。このペースなら、2020年には4000万人を超えるはずだ。しかし、次のように2018年と2019年には増加幅が縮小した。
2018年:3100万人(前年比+300万人)
2019年:3200万人(前年比+100万人)

単純計算だが、2020年の訪日外国人旅行者数は3300万人程度となるだろう。

増加幅が減少している理由は多々あると思われる。その1つは、次のように、韓国からの旅行者数が大幅な減少に転じたことだろう。
2017年:710万人
2018年:750万人(前年比+40万人)
2019年:550万人(前年比-200万人)

減少の理由は、日韓関係の悪化だろう。現状では関係が改善する兆しは見られない。このため、関係はすぐには修復されないだろう。

訪日外国人旅行者数は全体的には増えているものの、上記のように増加幅は減少している。これは、将来を見据えて積極的に設備投資や人材採用を行ってきた観光業界にとっては厳しい状況だろう。

2020年は始まったばかりなので、まだ時間的余裕はある。4000万人という目標の達成が困難であっても、事態を打開する政策を取ってもらいたいものである。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2020年1月]訪日外国人数が減少

  2. [2020年6月]旅行需要が持ち直し傾向

  3. [訪日外国人]平成最後の統計を図で振り返る

  4. コロナウイルスの影響で訪日外国人数が58%減

  5. [2020年7月]訪日外国人数が4ヶ月連続で99.9%減

  6. [2020年4月]訪日外国人数が99.9%減少

  7. [2021年6月]訪日外国人旅行の取扱額が大幅増加

  8. 2019年11月下旬の週末は各地で混雑するのか

  9. [2021年5月]訪日外国人数が大幅増加

  10. [2021年4月]訪日外国人数が大幅増加

  11. [観光庁]延べ宿泊者数76.8%減少。客室稼働率16.6%

  12. 2018年の宿泊業での給与は伸びたのか

  13. 沖縄の観光産業への就業意向イメージが良くない?

  14. 沖縄とハワイは何が違うのか

  15. 旅館/ホテルの予約経路はどこが最大か

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. [2021年8月]訪日外国人旅行の取扱額が今月も大幅増加

    2021.10.10

  2. 熊本と仙台を結ぶ「震災復興チャーターツアー」

    2021.09.23

  3. [2021年8月]訪日外国人数が約3倍

    2021.09.16

  4. [2021年7月]訪日外国人旅行の取扱額が今月も大幅増加

    2021.09.16

  5. [2021年7月]訪日外国人数が大幅増加

    2021.09.01

  6. [2021年6月]訪日外国人旅行の取扱額が大幅増加

    2021.08.12

  7. [2021年6月]訪日外国人数が3倍超

    2021.07.23

  8. [2021年5月]国内旅行の取扱額が大幅増加

    2021.07.11

  9. [2021年5月]訪日外国人数が大幅増加

    2021.07.02

  10. [2021年4月]国内旅行の取扱額が大幅増加

    2021.06.14